メールで頑張るのは無駄

多くの男性はメールで女性の気をひいたり
好感度を上げようと思うことが多いです。

ですがこれは間違っています。

メールで頑張るのは無駄です。

メールというのは文字なので誤解されたり
重く受け取られてしまうのです。

例えば、
「今何してる?」「元気?」
などのメールを送ってしまうと、
女性から「重い」と思われたり、
こちらからの好意がバレバレになってしまいます。

逆の立場から考えるとわかると思いますが、
あなたが女性だったとして、
「今何してる?」というメールが来たら
明らかに好意があるとわかると思います。

会っているその場で「元気?」と聞いても重くありません。

しかし、メールで同じことを言うと
途端に重くなり、好意がバレバレになってしまいます。

好意がバレバレになると何がまずいのかというと、
ひかれたり、わかりやすい男だとなめられてしまうのです。

こうなるとひっくり返すのは難しいです。

またメールだと軽く言ったつもりでも
重く受け止められやすいです。

会っているときに言う冗談も
メールだと重く受け止められ、
相手を不快な思いにさせてしまいがちです。

・重く受け止められやすい
・好意がバレバレでわかりやすい男と思われる

というデメリットがあるのでメールで
好感度を上げようと頑張るのは止めましょう。

ではメール以外でどうやって好感度を上げるのかというと、
対面で話すことや電話、リアルタイムの
コミュニケーションツールになります。

対面で話すのは当然ですね。
なにかの理由をつけて電話で話すのも良いとして、
リアルタイムのコミュニケーションツールはなにかというと、
それはスカイプなどのチャット形式のツールになります。

例えばスカイプだと会話がすぐ続いて
メールのように重くありません。
多少の冗談も軽く受け止めてもらえます。

さらにやりとりが長くたくさんできるので
一気に親密度が高まりやすいです。

そういうチャット形式でやりとりが
たくさんしやすいツールは非常に良いです。

が、スカイプはあまりやっている人はいません。

そのためLINEなどで擬似的にチャット形式をやる必要があります。

相手の暇な時間帯、暇なときを狙ってやりとりに持ち込むのです。

そうすると早く返信が返ってくるので
たくさんやりとりができて親密度を上げやすいです。

または通話をするのも良いです。

なにか理由をつけて通話で話すことができれば、
その通話の最中で親密度を上げていけます。
(多くの場合LINEは通話料を気にしなくて良いので)

メールだと情報量が少ない上に
重く受け止められるので親密度が上げづらいです。

通話、電話、チャット形式のやりとりは
情報量が多く冗談を言ったりできるので
親密度が上げやすいです。

なのでメールはアポイントの確認や
事務的な連絡などの最低限にしましょう。

またメールは返信は早くしないほうが良いです。

すぐに返信していると暇な男、
わかりやすい男だとなめられてしまいます。

なので相手のペースに合わせて、
相手が1時間で返してくるなら1時間、
1日で返してくるなら1日としましょう。

もちろん仲がよくなってくると
相手の返信スピードも上がるのでそれに合わせましょう。

また例外として返信のとても早い女性がいます。
そういう人はさみしがりやなので早く返信すると良いでしょう。

基本的にはメールで好感度を上げようとせず、
メールは最小限に押さえましょう。

好感度を上げる会話は対面や電話・通話、スカイプ、
密なやりとりができるように工夫したLINEで行っていきましょう。